読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑な読書(ザツドク)

ノンジャンルで、本の感想や書評を書いています

『グレン・グールド 複数の肖像』の感想・書評

基本情報 書名:グレン・グールド 複数の肖像 編者:ギレーヌ・ゲルタン 訳者:浅井香織、宮澤淳一 出版社:立風書房 ジャンル:音楽、伝記、ルポ 刊行年:1991 ページ数:350 本体価格:2900円 評価 かなり面白い(★★★★) 感想・書評 魅力的なグレン・グー…

『堤清二 罪と業 最後の「告白」』の感想・書評

基本情報 書名:堤清二 罪と業 最後の「告白」 著者:児玉博 出版社:文藝春秋 ジャンル:伝記、ルポ 刊行年:2016 ページ数:192 本体価格:1400円 評価 かなり面白い(★★★★) 感想・書評 西武グループと堤一族の凋落 堤清二は、西武グループを築き上げた堤…

『ノイマン・ゲーデル・チューリング』(高橋昌一郎)の感想・書評

基本情報 著者:高橋昌一郎 出版社:筑摩書房(筑摩選書) ジャンル:数学、伝記 刊行年:2014 ページ数:288 本体価格:1600円 評価 かなり面白い(★★★★) 感想・書評 3人の天才 「20世紀最高の知性。」というキャッチコピーだが、たぶん現在の社会の何パー…